EM Table(EM テーブル)

 

 

 

 

ジャン・プルーヴェによる「EMテーブル」は、ものづくりにおいて構造に重きをおく、彼の 構造哲学が感じられる美しいテーブルです。
天板の素材は、ソリッドウッドまたはHPLラミネートがあり、さまざまな色とサイズから選択する事ができます。
また、2000mmと2400 mmの天板には、ソリッドオークだけでなくオーク材のベニヤの2種類があります。
豊富なバリエーションにより、それぞれの暮らしに最適なEMテーブルを見つける事が可能です。

 

フランスのデザイナーであり建築家、そしてエンジニアでもあったジャン・プルーヴェは、1950年に’Maison Tropicale’のために「EM テーブル」をデザインしました。
彼の構造哲学に基づきデザインされたこのテーブルは、細部にわたりその哲学が貫かれています。
傾斜のついた脚は天板の下に沿ったバーと連結し、天板にかかる重さを床へ逃がせる構造になっています。
これは、一般的に建物のような構造体でしか見られないような仕組みです。

 

 

 

 

 

特徴・ソリッドウッドのテーブルトップ : ナチュラルオーク。スモークドオーク。アメリカンウォールナット。オイル仕上(34mm)
・ベース:プレスしたスチールシートおよびスチールチューブ パウダーコート スムース仕上(光沢仕上)。スタンダード チェアのベースカラーと同色
・ベニヤのテーブルトップ : ナチュラルオーク、ダークステインオーク、ラッカー仕上(39mm)
・ベース:プレスしたスチールシートおよびスチールチューブ パウダーコート スムース仕上(光沢仕上)。スタンダード チェアのベースカラーと同色
・HPLのテーブルトップ : ハイプレッシャーラミネート(40mm)
・ベース:プレスしたスチールシートおよびスチールチューブ パウダーコート テクスチャ仕上(マット仕上)。スタンダード SRチェアのベースカラーと同色

商品情報一覧へ戻る

商品に関するお問い合わせ・ご購入