Chaise Tout Bois(シェーズ トゥ ボワ)vitra

srcset="https://www.interior-classica.com/wp-content/uploads/000_top_3073084_Chaise-Tout-Bois-group_v_fullbleed_1440x_960_ss.jpg

 

 

 

 

フランスの「建設家」、ジャン・プルーヴェによる「シェーズ トゥ ボワ」は、第二次世界大戦の数年前にデザインされた彼の代表作である「スタンダード」ととても良く似たデザインです。
大戦中の金属不足の影響を受け、フランス語でオールウッドチェアという意味を持つ名前の通り、プルーヴェは木材のみを用いてこの椅子を完成させました。

 

 

ジャン・プルーヴェの建築とも共通する彼の家具デザインの特徴はこの椅子にも反映されています。後部フレームと座面が結合する点に最大の負荷重量がかかるため、後脚を兼ねた頑丈なフレームで補強し、全体への荷重を支えるという極めて合理的な考えに基づいています。

 

 

ジャン・プルーヴェは構造的な強度、接合部、脚の位置や座面と背もたれの角度などのテストを重ね、戦時中にいくつかのプロトタイプを作りましたが、材料については入手可能な木材の中から選ばざるを得ませんでした。
戦争が終わり、木材の十分な供給が整った段階で、オーク材を材料としてシェーズ トゥ ボワを製造することに決めました。
フランスでは、船や大聖堂の屋根にオーク材が使われることが多く、椅子の材料としての硬さと強度は申し分ありません。
また、個別の要望に応え、ダークステイン仕上げの椅子も製造されました。

 

 

1947年、プルーヴェは’Meubles de France’というコンペティションにシェーズトゥボワを出品し、大賞を受賞しました。
テーマは、戦後社会の需要に合わせ、住まいに困る人たちや若くして家をもつ夫婦のための魅力的で高品質、大量生産可能な家具、というものでした。

 

 

2020年、ヴィトラから初めて復刻を果たすシェーズトゥボワは、ネジを使わない1941年のデザインに忠実に再現されていますが、大きさや座面の高さは現代の暮らしに合わせて調節されています。
カラーはナチュラルオークとダークオークの2色展開。

 

 

 

 

 

特徴シート&バックレスト:プライウッド。ナチュラルオークまたはダークオーク ラッカー仕上
ベース:スタッキング不可
オーク材:クロアチア産の無垢材とアメリカ産のプライウッドを使用

商品情報一覧へ戻る

商品に関するお問い合わせ・ご購入