DOMUS Chair(ドムス チェア)

 

 

 

近代的な家具デザインの名作とも称されるドムス チェアは、イルマリ・タピオヴァーラにより、ヘルシンキの学生寮「ドムス アカデミカ」のためにデザインされました。

 

高い評価を受けたドムス チェアは、フィンランドを代表する椅子として「フィンチェア」という愛称でも呼ばれるようになります。
三次元に曲線を描く、人の身体に沿った座面など、長期間座っても疲れにくく、心地良く過ごせるデザインを追及しています。
特徴的な小さめの肘掛けは、肘置きとしての役割をきちんと果たしながら、テーブルに椅子を引き寄せやすいように考慮されています。

 

1946年に誕生したドムス チェアは、今もなお、世界中で愛され続けています。

 

 

 

 

 

特徴【素材】
本体:バーチ材またはオーク材
背座:バーチ材成形合板またはオーク材成形合板
フェルトグライド付

スタッキング可(4脚まで)

商品情報一覧へ戻る

商品に関するお問い合わせ・ご購入