CLASSICA

シンプルモダン

暮らしの一枚板ダイニングテーブル展

暮らしのギャッペ展

リノベーション

リノベーション資料請求

CLASSICAインドアビュー

暮らしの一枚板ダイニングテーブル展

暮らしのギャッペ展

リノベーション

リノベーション資料請求

CLASSICAインドアビュー

ADDRESS

千葉市花見川区犢橋町1622-4
CLASSICA 043-215-8577
cote cafe 043-215-8571
※定休日:水曜日

works

2015/12/19(Sat)

納品ブログ-特注オーダーメイドのリビングボード-

こんにちは。
CLASSICAモリタです。

晴天の今日・・・CLASSICAスタッフ3名はトラックに揺られ、朝から八街市内までご納品に
お出かけしてきました。
おうちを新築されたお客様のもとへ・・・。
照明から、壁面、家具、ギャッベラグ等インテリアのトータルのコーディネートをさせて頂き、
その家具のご配送です。
すごくすごく素敵なおうちができあがっていましたので、
その様子は後日またこちらのブログにてお話させて頂きますので
ぜひお楽しみに☆



さて今日の納品ブログは・・・
特注でリビングボードをお作りさせて頂いた千葉市のHさまのご紹介です。



角部屋でお部屋からの眺望が最高なH邸。
そちらのリビングダイニグに、テレビボードとしてお造りさせて頂きました。


IMG_9289.jpg   IMG_9290.jpg

IMG_9291.jpg


ウォールナット材のテレビボードやリビングボードはたくさんありますが、
このリビングボードは節や白太の個性的なデザインに変えて、インパクトを与えてくれています。
ステンレスの脚も効いていますね。

じつはHさまにご納品する際、発注の行き違いがメーカーさんとの間で起こってしまって、
一度は黒塗装の脚を誤まってお届けしてしまったという経緯があります。
そこで・・・
ここに黒い脚を付けた感じをイメージされてみてください。
いかにステンレス脚がこのお部屋のアクセントになってくれているか・・・
お部屋を木製品だけでそろえるのではなく、
異素材を入れることで抜け感がでるというか。場を垢ぬけて見せてくれますよね。

じつは本来こちらのリビングボードにはもっとガッシリとした脚がついていて、高さもH770と高めのものなんです。
Hさまは、
脚の仕様を特別に造り変えて高さをH635に。
ダイニングテーブルとソファの両方からテレビを楽しめるようにと、特注仕様にしています。

あまり高い位置にテレビを置いてしまうと・・・
見上げるようになってしまい、眼や首の疲れの原因になってしまいますので、
テレビボードとしてご利用になる場合は、高さも重要なポイントなんですよー。

本来はリビングボードですが、
テレビボードとしてお選び頂いたことで、収納もたくさん取れています。
コード用の配線穴等もきめ細かに対応させて頂けるのも特徴です。

Hさま、この度は発注のミス等にも快くご対応下さり、
お時間を頂戴したおかげで、他にないすごく素敵なリビングシーンの仕上げをお手伝いすることができました。

すてきなお部屋づくりをお手伝いできるのは、スタッフとしてすごく光栄です。
本当にありがとうございました!!!

IMG_9292.jpg

みなさまのお部屋もトータルでコーディネートすることで、
居心地のいい素敵な空間をぜひぜひつくってみてください!
CLASSICAですこしでもそのお手伝いができれば幸いです。
みなさんのご相談お待ちしております☆
図面やお写真等をお持ち頂いて、お打合せをさせて頂いております。
ご予約も承っておりますので、ぜひ一度お電話ください。
お待ちしておりまーす☆☆☆